平成27年度 香川県支部の活動

■平成30年度の記事はこちら ■平成29年度の記事はこちら ■平成28年度の記事はこちら ■平成27年度の記事はこちら ■平成26年度の記事はこちら ■平成25年度の記事はこちら ■平成24年度の記事はこちら

■赤十字フェスタ2015

 平成27年5月30日(土)、高松丸亀町壱番街前ドーム広場にて「赤十字フェスタ2015」を開催しました。

 地域の方々に赤十字のことをもっと知ってほしい、もっと身近に感じてほしいという想いを込め、今年も盛り沢山の内容で実施しました。救急法やロープワークの体験をはじめ、救護資材や震災時の活動写真の展示を行い、防災や減災への意識向上が図られました。また高松赤十字病院のスタッフによる栄養相談、健康相談、香川県赤十字血液センターによる献血活動も実施しました。さらにオカリナ演奏やリラクゼーションコーナー、子ども用の救護服の試着コーナー、ポップコーン・綿菓子の無料配布もあり、家族みんなで楽しめる内容としました。

 今回は日本赤十字社のマスコットキャラクター「ハートラちゃん」が四国に初上陸しフェスタに登場!赤十字の紹介をお手伝いしてくれ子どもたちに好評でした。学生ボランティアをはじめとした100名を超えるスタッフに支えられ、数えきれないほど多くの来場者にご参加いただきました。

 また当日実施した街頭募金においては総額25,551円の温かい気持ちが寄せられました。国内や世界で苦しんでいる人への支援を続けるため、赤十字活動資金として有効に活用させていただきます。

赤十字フェスタ2015

 

■香川県内からネパール地震への救援金が届けられています。

 ネパールで4月25日に発生した地震発災から一ヶ月が過ぎました。日本赤十字社ではこれまでに、1000万円の資金支援と、毛布やビニールシートなど約4000万円相当の物資支援を行いました。保健医療チームの第2班を6月2日に派遣し、引き続きメラムチ村での医療支援を行います。

 香川県支部でも、県内の皆さまからネパール救援金を受け付けております。

 お預かりしましたあたたかいお気持ちと救援金を、被災された方々のために役立てさせていただきます。

 本当にありがとうございます!

5月11日 京極まとい蓮→

5月11日 京極まとい蓮
5月13日 香川県ネパール救援金被災者救援の会

←5月13日 
香川県ネパール救援金被災者救援の会

5月27日 川西地区自主防災会→

5月27日 川西地区自主防災会
5月29日 穴吹カレッジ

←5月29日 穴吹カレッジ

6月2日 高松第一小中学校→

 

 

6月2日 高松第一小中学校
6月11日 さかいで塩まつり

←6月11日 さかいで塩まつり

6月15日 ちえ幸→

6月15日 ちえ幸
6月15日 飯山ひまわり会

←6月15日 飯山ひまわり会

6月24日 香川短期大・平井小→

 

 

6月24日 香川短期大・平井小
6月25日 高松幼稚園

←6月25日 高松幼稚園

6月26日 仁尾中学校→

 

みんなの気持ちがこもった募金をありがとう♪(^o^)

6月26日 仁尾中学校

 

■「赤十字社員増強運動の実施について」ご協力のお願いとお礼

 日本赤十字社では、赤十字の創始者アンリー・デュナンの誕生月である5月を中心に「赤十字運動月間」とし、毎年全国でキャンペーンを展開しています。

 運動月間を中心に、赤十字奉仕団や婦人会、町内会や自治会などのご協力のもと、赤十字活動にご理解いただき、赤十字活動資金(赤十字ではこのことを「社資」と呼んでいます。)をお寄せいただくようお願いしております。

 ご協力いただいております団体、各種企業、県民のみなさまに厚くお礼申しあげます。

 赤十字では、「苦しんでいる人を救いたい」という気持ちで、みなさまから頂いた活動資金を有効に活用してまいります。

「赤十字社員増強運動の実施について」ご協力のお願いとお礼

 

■総勢74名の救護員が任命されました!

 平成27年4月13日(月)、高松赤十字病院において平成27年度日本赤十字社香川県支部常備救護員の任命式ならびに救護員研修会を行いました。

 任命式では救護員1人1人の名前が読み上げられ、香川県支部の川部英則事務局長より、救護員を代表して第1班医師(班長)の監﨑胸部・乳腺外科副部長へ任命書が手渡されました。救護員たちは自分の名前が呼ばれると緊張の面持ちで返事をし、その使命を深く心に刻みこんでいるようでした。総勢74名の救護員名簿が読み上げられ、局長からの激励の言葉とともに厳粛な空気の中で任命式は幕を閉じました。

 また任命式後の研修会では「トリアージタッグの取り扱い方法」をテーマに井脳神経外科副部長による講義とグループワークを通じた実践的なトレーニングが行われました。

 現在香川県支部では、医師、看護師、事務スタッフ等を構成員として救護班8班を常設しています。また構成員には薬剤師や助産師だけでなく、診療放射線技師や理学療法士など様々な医療スタッフも任命されており、幅広い業務への対応能力が強化されています。

 このように常に災害に対応できる体制を整えることで、地域の皆様に安心して生活していただける努力を継続しています。

総勢74名の救護員が任命されました!

 

Copyright© 日本赤十字社 香川県支部 All Rights Reserved.