平成27年度 香川県支部の活動

■平成30年度の記事はこちら ■平成29年度の記事はこちら ■平成28年度の記事はこちら ■平成27年度の記事はこちら ■平成26年度の記事はこちら ■平成25年度の記事はこちら ■平成24年度の記事はこちら

■短冊に願いをこめて地域と交流

―さぬき市立造田幼稚園の青少年赤十字結団式―

 平成27年7月8日(水)、造田ふれあいプラザにて造田幼稚園の園児たちとの七夕交流会を行いました。今回の交流会はさぬき市赤十字奉仕団造田分団の皆さんの協力のもと、駐在所の警察官や市役所職員、JR職員等も参加し総勢約50名で開催しました。

 青少年赤十字ワッペンやバッジを受け取った園児たちは、赤十字の救護服やナース服を身にまとい、みんなで誓いの言葉を斉唱しました。また赤十字についての紙芝居や七夕にまつわる絵本の朗読なども行われ、真剣な眼差しで聞いていました。そして園児ひとりひとりが頑張って書いた短冊を、地域の皆さんと一緒に大きな笹の葉に飾り付けました。最後には赤十字奉仕団の皆さん特製の伝統食「七夕団子」をみんなで食べる時間があり、「とっても美味しい!」と歓声があがりました。園児たちにとって、地域皆さんとの七夕の素敵な思い出作りができました。

短冊に願いをこめて地域と交流―さぬき市立造田幼稚園の青少年赤十字結団式―

 

■命を守る防災教育を体験!

 ―青少年赤十字防災教育セミナー開催―

命を守る防災教育を体験! ―青少年赤十字防災教育セミナー開催―

 平成27年6月20日(土)、香川県社会福祉総合センターにおいて青少年赤十字指導者研修会として「防災教育セミナー」を開催しました。日赤本社より津村慎太郎 青少年係長を招き、「防災教育プログラム」に関するセミナーに、香川県と愛媛県の教育関係者約40名が参加しました。

 現在、日本赤十字社では東日本大震災をはじめとする多くの災害を教訓に、将来起こりうる自然災害から身を守るため「防災」・「減災」に対して全社的に取り組んでいます。そこで自然災害と長年向き合ってきた日赤と文部科学省、気象庁、そして子どもたちを指導してきた教員たちが、「授業ですぐ使える防災教材」を目指して「まもるいのち ひろめるぼうさい」を共同制作しました。

 今回はこの教材に収録されている素材の中から、実際に模擬授業を体験してもらうことで活用の仕方を共有することができました。ペットボトルの先にマーカーを付けてみんなの人差し指だけで支えながら絵を描くというゲームは、楽しみながらチームの連携を図ることの重要性について実感できる内容でした。

 参加者のアンケートでは「是非とも今後の授業で取り入れたい」「活用しやすい教材だと思う」など高い評価をいただくことができました。未来を支える子供たちへの防災教育がより広まっていくよう、今後も赤十字は学校教育の現場と連携をはかり充実した防災教育を進めていきます。

命を守る防災教育を体験! ―青少年赤十字防災教育セミナー開催―

 

■限られた時間で 救護訓練きびきびと!

 ―平成27年度 国内型緊急対応ユニット(dERU)研修―

 平成27年6月11日、高松市の香川県青年センターにて平成27年度国内型緊急対応ユニット(dERU)研修会を開催しました。研修会には災害時における救護活動に従事する支部・施設の職員46名が参加しました

 この研修は災害救護に関する基礎的な知識・技術を身に付けるとともに、移動式の仮設診療所設備を使用した実技的な訓練を行うことで、実際の災害現場に的確に対応できる能力を培うことを目的としています。

 研修の前半では医療職と事務職に分かれ、それぞれのメインとなる業務を学びました。医療職は1分30秒以内を目標にトリアージの実戦訓練を、事務職はコンテナ操作やエアテントの展開、無線通信の取扱方法を確認する作業から始めました。

 後半では医師、看護師、事務スタッフ等が救護チームを結成し、現場救護所を想定したシミュレーションを実施しました。チーム毎に作戦会議をして役割分担を明確にした後、次々と運ばれてくる傷病者役の人を効率よく治療・搬送する訓練を行いました。

 今回のシミュレーションでは通常よりも複雑な条件設定を行い、あらゆる情報に対応できる処理能力や的確な判断能力を養うことができるハイレベルな訓練となりました。

 最後には全体を通しての振り返りの時間をもち、情報伝達の重要性や役割分担の大切さ等をスタッフも含めてみんなで共有し息の合った訓練となりました。今後も定期的にこのような訓練を実施することで、日赤救護班のレベルをさらに向上させていきます。

限られた時間で 救護訓練きびきびと! ―平成27年度 国内型緊急対応ユニット(dERU)研修―

 

Copyright© 日本赤十字社 香川県支部 All Rights Reserved.