平成28年度 香川県支部の活動

■平成30年度の記事はこちら ■平成29年度の記事はこちら ■平成28年度の記事はこちら ■平成27年度の記事はこちら ■平成26年度の記事はこちら ■平成25年度の記事はこちら ■平成24年度の記事はこちら

■航空時事故対応や連携を確認

―平成28年度高松空港航空機事故対応総合訓練―

 平成28年10月20日(木)、高松空港にて「平成28年度高松空港航空機事故対応総合訓練」が行われ、日赤香川県支部救護班(1班7名)と高松赤十字病院DMAT(1チーム5名)が参加しました。

  訓練では着陸する直前に突風にあおられ滑走路から逸脱。機体から出火し、多数の負傷者が出たとの想定で行われました。

 県内DMATや地元医師会らと協力しながら、絶え間なく運ばれてくる負傷者約60人をトリアージし、赤・黄・緑に分かれた救護所で観察・手当を行い、消防、自衛隊に引き継ぎ後方搬送する手順を確認しました。

 訓練では、香川県内の53機関・団体から約250人が参加し、各機関と事故時の対応を確認し連携を深めることが出来ました。

航空時事故対応や連携を確認―平成28年度高松空港航空機事故対応総合訓練―

 

■災害救護における救護員の役割を学ぶ

―平成28年度支部・施設合同救護員基礎研修会―

  平成28年9月16日(金)・10月18日(火)の2日間、救護員基礎研修会を開催しました。

 災害救護活動は、赤十字としての本来の使命に基づいた重要な活動であり、指定公共機関として国への協力が義務付けられています。この研修は、赤十字救護員として必要とされる基礎的な知識と技術を習得させることを目的としており、高松赤十字病院・香川県赤十字血液センターから33人が参加しました。

 研修では、災害救護時の基礎行動訓練、エアテントによる救護所開設、業務用無線の操作、担架搬送等を行いました。研修最後には大規模な被害が発生した想定のもと、救護所開設から始まり、救護活動を行い、撤収するまでの救護シミュレーションを実施しました。

 シミュレーションでは、運び込まれた傷病者に優先順位をつけるトリアージを行い、救護班長を中心に処置を施し、医療機関へ後方搬送するまでの手順について理解を深めました。


災害救護における救護員の役割を学ぶ  ―平成28年度支部・施設合同救護員基礎研修会―

 

■いざという時に適切に手当! 

―赤十字救急法救急員養成講習会―

平成28年9月22日(木・祝)・24(土)・25日(日)の3日間、香川県社会福祉総合センターにて赤十字救急法救急員養成講習会を実施し、資格継続研修の対象者もあわせて78名が受講しました

  この講習では、日常生活における事故防止から手当の基本、心肺蘇生、AEDを用いた除細動、止血の仕方、包帯の使い方、骨折の手当、搬送、災害時の心得まで、赤十字救急法の基礎的な知識と技術を習得することができます。また最終日の検定に合格した方には赤十字救急法救急員という資格が与えられます。

 受講生の皆さんは学科・実技ともにとても熱心に取り組み、特に三角巾を使用した包帯法の手当を中心にしっかりと技術を学んでいました。

 より多くの人が「共助」の心を持ち、いざという時も救急法の知識を活用してもらうことを赤十字は願っています。香川県支部では救急法をはじめとした講習会を定期的に開催しております。1人でも多くの方のご参加をお待ちしております。

いざという時に適切に手当!  ―赤十字救急法救急員養成講習会―

 

■救護員の声を伝え、防災につなげる

―平成28年度世界救急法デー(World First Aid Day)記念イベント―

 平成28年9月10日(土)、香川県社会福祉総合センターにて世界赤十字救急法デー(World First Aid Day)記念イベントを開催しました。このイベントは地域の皆さんに赤十字や救急法の必要性についてより一層理解していただくことを目的に毎年開催しているもので、地域からの一般参加者を含めて総勢144名が会場に足を運びました。

 前半では平成28年熊本地震において実際に現地で救護活動を実施した医療スタッフによる報告会を実施しました。今回は高松赤十字病院より内分泌代謝科の永尾医師、藤本看護係長、葛西臨床心理士の3名からの報告がありました。それぞれの職種の視点からの報告に来場された皆さんはとても真剣に聞き入り、質疑応答も盛んに行われました。

 後半では会場を移動し安全奉仕団によるミニ講習会を開きました。心肺蘇生の実技体験やリラクゼーション体験、さらに身近なものを使った災害時に役立つ代用品紹介など、様々な赤十字講習を体験していただく場となりました。

 来場者からは「現地に救護に行った人から具体的な活動状況が聞けてとても良かった」「講習会で防災意識も高まった」との感想を聞くことができました。

救護員の声を伝え、防災につなげる ―平成28年度世界救急法デー(World First Aid Day)記念イベント―

 

Copyright© 日本赤十字社 香川県支部 All Rights Reserved.