平成30年度 香川県支部の活動

■平成30年度の記事はこちら ■平成29年度の記事はこちら ■平成28年度の記事はこちら ■平成27年度の記事はこちら ■平成26年度の記事はこちら ■平成25年度の記事はこちら ■平成24年度の記事はこちら

■西日本豪雨災害救護活動(第2救護班)

 この度の西日本豪雨災害に対し、香川県支部救護が派遣した第2救護班の派遣は18日(水)~21日(土)の4日間、倉敷市真備地区において、被災者に寄り添った救護活動を展開しました。

◆倉敷市立薗(その)小学校の教室で診療活動を実施

西日本豪雨災害救護活動(第2救護班)

皮膚炎、結膜炎、脱水症、外傷が多く、心配されていた消石灰での皮膚炎、結膜炎は少数でしたが、問診によると、使用者本人が消石灰使用の危険性について認識が甘い人が多く、啓発活動の必要を感じました。

◆トレーラーハウスによる診療の実施

西日本豪雨災害救護活動(第2救護班)

薗小学校の教室は避難されている方の寝室にもなっており、長時間占有することはできません。このため、協力NPO団体から提供のあったトレーラーハウスを利用して、夜間まで診療を実施しました。

◆災害時におけるお薬の提供

西日本豪雨災害救護活動(第2救護班)

災害時のお薬の処方は、災害処方箋により、無償で被災者に提供されます。薗小学校においても、災害で常用薬が流された方がたくさん相談に来られましたが、相談を受け、翌日には一人ひとりに手渡すことができました。

 

◆トレーラーハウスによる診療の実施

西日本豪雨災害救護活動(第2救護班)

薗小学校の教室は避難されている方の寝室にもなっており、長時間占有することはできません。このため、協力NPO団体から提供のあったトレーラーハウスを利用して、夜間まで診療を実施しました。

◆こころのケア活動の実施

西日本豪雨災害救護活動(第2救護班)

倉敷市真備地区において、こころのケアニーズ等を見極める初動班として、本社コーディネートチームのメンバーらと合同で、避難所を巡回しながら活動にあたりました。

 

■豪雨災害救護活動(救護班第1班)

 西日本を中心とした豪雨災害は未曽有の被害をもたらし、多くの犠牲者が出ました。香川県支部救護班は、9日(月)~12日(木)の4日間、倉敷市真備地区において、被災者に寄り添った救護活動を展開しました。

 二万小学校、第二福田小学校、薗小学校の避難所では、アセスメント(状況把握)を実施しました。避難所のスペース密度など、ハード面の状況のほか、外部支援やボランティア、医療の提供状況、ライフラインと衛生面の状況、食事の供給等を確認評価しました。

 避難者の状況については、服薬者数、有症状者数など、配慮を要する人を防疫的側面から確認評価しました。

 避難所では、劣悪な環境下で起こりやすい疾病の予防を呼びかけ、体調についての心配ごとや問題等を傾聴する一方で、急性期患者に対する医療救護活動を行い、計47名を診療しました。

 今後も、日本赤十字社岡山県支部と県南西部医療圏活動拠点本部(倉敷市保健所内)からの指示や情報をもとに、全国の赤十字救護班や他団体と協働して救護活動を展開します。

豪雨災害救護活動(救護班第1班)

 

■平成30年7月豪雨災害(救援物資発送)

 豪雨災害にかかる対応として、7月11日(水)日本赤十字社岡山県支部からの依頼に基づき、岡山県笠岡市へ救援物資を発送しました。

 救援物資は毛布300枚(30箱)緊急セット204セット(34箱)で、緊急セットには避難所生活で必要な携帯ラジオ、懐中電灯、タオル、歯ブラシ等、生活用品計24品目が入っています。

 赤帽香川県軽自動車運送協同組合に輸送協力頂き、赤十字防災ボランティア12名と赤帽スタッフ4名が積込を行い、赤帽トラック3台で岡山県に向け日赤香川県支部を10時30分出発しました。

 物資を積んだトラックは当日笠岡市役所に12時20分到着し、笠岡市を通じ被災者へ配布されます。

平成30年7月豪雨災害(救援物資発送)

 

■大雨災害救護活動(救護班第1班出動)

 西日本を中心とした大雨災害に対し、7月9日(月)香川県支部救護班第1班(dERUチーム)を岡山県倉敷市へ派遣しました

 今回出動した救護班は、医師・看護師・薬剤師・主事計13名で構成されており、8日から先遣隊で派遣されている2名と合流し、岡山県内の各避難所でのライフラインや、衛生状態、避難者の状況を確認し、今後救護所の設置や巡回診療の必要性を判断するアセスメント活動を行う予定です。収集した情報をもとに、後続の救護班や他団体と連携し救護活動を展開します。

 ※dERU(国内型緊急対応ユニットdomestic Emergency Response Unit)とは、仮設診療所設備とそれらを運ぶトラックと医療スタッフの総称で、救護車両には大型救護所テント、抗生物質などの医薬品、診察台、簡易ベッドなどを積載し、1日150人程度の軽症・中等症程度の傷病者に対し治療することが可能です。

大雨災害救護活動(救護班第1班出動)

 

 

Copyright© 日本赤十字社 香川県支部 All Rights Reserved.