平成30年度 香川県支部の活動

■平成30年度の記事はこちら ■平成29年度の記事はこちら ■平成28年度の記事はこちら ■平成27年度の記事はこちら ■平成26年度の記事はこちら ■平成25年度の記事はこちら ■平成24年度の記事はこちら

■平成30年度香川県石油コンビナート総合防災訓練

 平成30年11月13日(火)、坂出市川崎町の川崎重工(株)坂出工場にて香川県石油コンビナート総合防災訓練が実施され、日赤香川県支部救護班が参加しました。

 訓練は、大規模地震により、事業所内のE岸壁に係船中の修繕船に設置された非常用発電機の燃料タンクが損傷し火災が発生し、消火活動中に負傷者が発生したという想定で行われました。

 香川県石油コンビナート等防災計画に基づき、日赤香川県支部へ救護班を派遣要請。派遣された救護班は救護所を開設し、坂出市消防本部と協力して負傷者の応急手当を行い、医療機関への搬送を行いました。

訓練には防災関係機関15団体から128名が参加し、災害発生直後の対応方法について確認し、連携を深めることができました。

石油コンビナート総合防災訓練

 

 

■MUSIC BLUE TAKAMATSU実行委員会様から活動資金のご協力をいただきました

 11月2日、「MUSIC BLUE TAKAMATSU実行委員会」様から活動資金のご協力をいただきました。

 「たかまつ大道芸フェスタ2018」において、チャリティイベントを実施し、その売上金を赤十字活動資金としてご寄付いただきました。

 当支部で行われた贈呈式では、同実行委員会の鹿庭弘百会長から当支部 山田事務局長に寄附金が手渡されました。

お寄せいただいた赤十字活動資金は、救護活動や被災者支援等に有効に活用させていただきます。ご協力ありがとうございました。

MUSIC BLUE TAKAMATSU実行委員会様から活動資金のご協力

 

 

■平成30年度香川県総合防災訓練

 平成30年10月28日(日)、香川県立琴弾公園において、南海トラフを震源とする最大クラスの地震を想定した「香川県総合防災訓練」が行われ、防災関係機関等から49団体が参加し、連携強化を図りました。

 日赤香川県支部は、国内型緊急対応ユニット(dERU)を設営、トリアージポストから搬送される傷病者の受入や状態安定化後の後方搬送、統括DMATとの連携を確認しました。

 また、観音寺市赤十字奉仕団による炊出しや香川県レスキューサポートバイク赤十字奉仕団による支援物資搬入訓練、香川県赤十字アマチュア無線奉仕団によるアマチュア無線での無線交信訓練ほか、香川県赤十字安全奉仕団、香川県赤十字防災ボランティアと青年赤十字奉仕団は担架搬送・応急手当を行うなど、総勢40名を超える多くのボランティアの方にご参加いただきました。

平成30年度香川県総合防災訓練

 

 

Copyright© 日本赤十字社 香川県支部 All Rights Reserved.