令和2年度 香川県支部の活動

■令和2年度の記事はこちら■令和元年度の記事はこちら ■平成30年度の記事はこちら ■平成29年度の記事はこちら ■平成28年度の記事はこちら ■平成27年度の記事はこちら ■平成26年度の記事はこちら ■平成25年度の記事はこちら ■平成24年度の記事はこちら

MUSIC BLUE TAKAMATSU実行委員会様から活動資金のご協力をいただきました

 11月17日、「MUSIC BLUE TAKAMATSU実行委員会」様から活動資金のご協力をいただきました。

 10月10日・11日に開催された「たかまつ大道芸フェスタ2020」は、新型コロナウイルスの感染防止のため、公演の入場を制限した上で、公演の模様をインターネットでライブ配信されました。今回は、そのオンライン配信で集まった寄付金を寄贈いただいたものです。

 当支部で行われた贈呈式には、同実行委員会 会長の鹿庭弘百様と、同イベントを特別協賛された香川証券株式会社の取締役経営戦略本部長 香川行正様、経営企画部企画グループ 課長代理 金本愛里様が出席され、当支部 山田事務局長に寄附金が手渡されました。

 お寄せいただいた活動資金は、災害救護活動や防災・減災活動だけでなく、新型コロナウイルスに関する啓発活動等に有効に活用させていただきます。

 ご協力ありがとうございました。

MUSIC BLUE TAKAMATSU実行委員会様から活動資金のご協力をいただきました

 

 

令和2年度香川県石油コンビナート総合防災訓練

 令和2年11月11日(水)、坂出市番の州緑町のコスモ石油株式会社坂出物流基地にて香川県石油コンビナート総合防災訓練が実施され、日赤香川県支部救護班が参加しました。

 訓練は、南海トラフを震源域とする大規模地震により、軽油出荷ポンプのフランジから軽油が漏えい、引火。この火災の消火活動中に負傷者が発生したという想定で行われました。

 「香川県石油コンビナート等防災計画」に基づき、日赤香川県支部へ救護班の派遣を要請。派遣された救護班は、救護所を開設し、坂出市消防本部と協力して負傷者の応急処置を行い、医療機関への搬送を行いました。

 訓練には、防災関係機関15団体から92名が参加し、災害発生直後の対応について確認し、連携を深めることができました。

MUSIC BLUE TAKAMATSU実行委員会様から活動資金のご協力をいただきました

 

 

桜華書道会から活動資金のご協力をいただきました

 10月7日(水)、桜華書道会から日赤香川県支部に対し活動資金が寄せられました。

 桜華書道会では、書道作品展「書彩展」を開催し、コロナ禍においても、来場者に勇気と元気を与えたいという思いを発信するとともに、書を通じてできる社会貢献活動として、募金の呼びかけを行いました。今回は、その際に集まった募金を日本赤十字社香川県支部に寄付いただきました。

 当支部で行われた贈呈式では、塩田直子代表から、「災害救護など現場の最前線で活動する赤十字に有意義に使っていただきたい」と当支部 山田事務局長に目録が手渡されました。また、「観心證道(かんしんしょうどう・心を観て道をあきらかにする)」と書かれた色紙を併せて寄贈されました。

 ご寄付いただいた活動資金につきましては、災害救護はもとより、新型コロナウイルスに関する啓発活動に有効に活用させていただきます。この度のご協力、誠にありがとうございました。

桜華書道会から活動資金のご協力をいただきました

 

 

Copyright© 日本赤十字社 香川県支部 All Rights Reserved.