令和2年度 香川県支部の活動

■令和2年度の記事はこちら■令和元年度の記事はこちら ■平成30年度の記事はこちら ■平成29年度の記事はこちら ■平成28年度の記事はこちら ■平成27年度の記事はこちら ■平成26年度の記事はこちら ■平成25年度の記事はこちら ■平成24年度の記事はこちら

なかむら絵画研究会から活動資金のご協力をいただきました

 12月7日(月)、なかむら絵画研究会から日赤香川県支部に対し活動資金が寄せられました。

 なかむら絵画研究会では、「第2回なかむら絵画研究会チャリティ作品展」を開催し、主宰の中村光幸先生をはじめ、会員約30名が作品65点を持ち寄って、展示販売しました。この収益金の一部を新型コロナウイルスの感染防止活動に役立ててもらおうと、日本赤十字社香川県支部に寄付されました。

 当支部で行われた贈呈式では、中村 光幸代表から、当支部 山田事務局長に目録が手渡されました。

 ご寄付いただいた活動資金は、新型コロナウイルスに関する啓発活動などの資金として有効に活用させていただきます。この度のご協力、誠にありがとうございました。

なかむら絵画研究会から活動資金のご協力をいただきました

 

 

「街角に音楽を@香川」から大道芸パフォーマーの映像が届きました

 「一般財団法人 街角に音楽を@香川」が企画した「COLOSE TO YOU(君の近くへ)プロジェクト」による大道芸パフォーマーの映像が高松赤十字病院と献血ルーム「オリーブ」に届きました。

 新型コロナウイルス感染症で人と人との距離を作らなければならない中、バルーンパフォーマンスの世界大会で優勝経験のあるバルーンアーティスト Syanさんの映像が、病院の患者さんと献血ルームでの献血者の皆様にメッセージとともに届けられました。高松赤十字病院の小児病棟には、映像内で制作したバルーン作品がプレゼントされ、子どもたちには映像の中のバルーンが目の前にも出現しました。

 臨場感あふれる大道芸の感動に見る人すべてが笑顔になり、本当にありがとうございました。

「街角に音楽を@香川」から大道芸パフォーマーの映像が届きました

 

 

香川県テントシート工業組合から災害救護所用大型パイプテントをご寄贈いただきました

 この度、香川県テントシート工業組合から、災害救護所用の大型テント2張の寄贈がありました。

 これは、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、医療従事者や災害救護者らへの支援策の一環としてご寄贈いただいたものです。

 寄贈された救護所用テントは、抗菌処理が施された防炎加工素材で、より安心な空間を提供できるものとなっていますので、臨時救護所のほか、救護訓練、イベントなどで幅広く活用させていただきます。

 ご協力、誠にありがとうございました。

香川県テントシート工業組合から災害救護所用大型パイプテントをご寄贈いただきました

 

 

Copyright© 日本赤十字社 香川県支部 All Rights Reserved.